2011年06月29日

「ありがとう」の反対語は?

おはようございます。

本日から4日間、東京施術ということで、

今朝は渋谷のカフェからブログを更新しています。

以前、ブログ(もしかするとツイッターだったかな?)で

当たり前と思う人は感謝の心が足りないと言うようなことを

書いたことがあるとおもうのですが、

先日行きました居酒屋さんのコースターにこんな事が書いてありました。

20110627192502.jpgありがとうの心

大切な人に「ありがとう」を伝えていますか

「ありがとう」の反対語は「当たり前」です

素直な心、感謝の気持ち



コースターとして使っていたので、ちょっと(?)濡れていますがww



もし、あなたが「当たり前」という想いを持ってしまっているのであれば、

もしかすると「感謝」の気持ちが少しだけ足りないのかも…。

会社は給料を払って当たり前。

家族なんだから当たり前。

彼女、彼氏なんだから当たり前。

子供なんだから当たり前。

先生なんだから当たり前。

親なんだから当たり前。

従業員なんだから当たり前。

後輩なんだから当たり前。

先輩なんだから当たり前。


これらのことは、全部実は当たり前じゃないんです。

多くの厚意がそこにはあって、僕らはその事が見えなくなってしまうことが非常に多いんです。

「ありがとう」の反対語は「当たり前」

絶えず心にとどめておきたい言葉です。




いぎあ☆すてーしょん(本店・大阪)
http://igia.jp/

いぎあ☆すてーしょん 東京
http://www.igia-tokyo.com/

自然整体院「エイド・ステーション」(名古屋)
http://www.aidstation.jp/

セルフ整体教室(6月18日12時30分〜 開催)
http://www.igia-tokyo.com/events/index.html

おやすみ☆セルフ整体 (月・水・金の22時から生放送)
http://www.ustream.tv/channel/oyasuimiseitai

自分でできる!セルフ整体 (いつでも自分でセルフ整体が出来るようにやりかたを動画で紹介)
http://www.facebook.com/selfseitai
posted by しおん at 08:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜、電話にて腰痛の相談をさせて頂いた東京の山本めぐみと申します。
丁寧に相談にのって下さって、本当にありがとうございました!

あの後、まず、御社のHPの〔腰痛セルフ整体〕の1,2を無理しない範囲で少しずつやってみたところ、お蔭様で早速効果がありました。

四つ這いでの移動ができるようになったことと、正座が痛みなくできるようになり始めました。
ただ、また痛みが突然襲って来るのが怖いので、様子を見て1分以内がやっとですが、それでも大きな成果で喜んでおります。
(ここまでこれたら、アイシングもやめた方がいいんでしょうか。冷やすとキモチ楽になるような気もするのですが)

調子に乗って立ち上がると、またすぐに激痛が襲ってきますが、焦らず、1,2のセルフ整体を続けて、少しずつ可動域を広げてゆけたらいいなと思ってます。
正座が楽にできるようになりましたら、鮎川先生のブログの整体にも取り組ませていただこうと思っております。

ちょっと気になることが…
今回の痛みにはコルセットをすると、逆効果のように感じられます。初めての体験です。
激痛時に、より一層キューっと締め付けられる感覚で、返って硬直(緊張)が増してしまいます。
腰痛にはコルセットは欠かせないアイテムと思い込んでいたので、不思議です。
ちなみに市販のコルセットです。

また、
痛みのある現在は横になっているしかありませんが、普段の生活でNGの体勢ってあるんですか?
たとえば、あぐらor正座の姿勢が腰には良くないとか。床に座る生活よりも、硬い椅子で過ごすほうが良い…などなど。

長々とすみません。




Posted by 山本めぐみ at 2011年07月05日 07:16
山本様

こちらこそ、ご質問頂きありがとうございました。

もし、セルフ整体で少しずつ楽になっていらっしゃるのであれば、炎症の痛みではない可能性が大きいので、アイシングはやめられた方が良いと思われます。
ただし、万が一アイシングをやめて痛みが酷くなるようでしたら、またご連絡下さい。

コルセットは筋肉の力を使わずに姿勢を維持する為のもので、筋肉そのもを改善する為のものではありません。
よく姿勢が悪い(猫背や出っ尻)から腰痛になると思われているのですが、その考え方は原因と結果が逆になっています。詳しくは
http://column.igia-tokyo.com/column/0002.html
でご説明していますが、硬くなった筋肉に負担がかからないように姿勢が悪くなっているのです。
つまり、硬くなった筋肉にのみ直目した場合、姿勢が悪い方が筋肉に負担をかけていないと言うことになるわけです。
今まででしたら、コルセットをすることにより、動きが制限され、痛みが出る姿勢をとる機会が少なくなったのでコルセットをすると痛みに対して効果があった様に感じていたのかもしれませんが、今はコルセットを着ける姿勢そのものが、硬くなった筋肉に負担をかけているのだと思われます。つまりコルセットをつけることによって得られる姿勢そのものが、硬く縮んだ筋肉を無理矢理引き延ばす姿勢になってしまっているので、痛みが出てきてしまっているのです。
どちらにせよ、コルセットは動きを制限することにより、痛みを感じないようにさせているだけですので、根本的な腰痛改善にはつながりません。

普段の生活で気を付けることは、特にこれは駄目と言ったことはありませんが、痛みが出る姿勢だけは取らないようにして下さい。なるべく楽だと感じる姿勢を取るようにしていれば、特にそれ以外でNGの体勢というのはありません。

分かりにくい説明ではありますが、きちんとお答えできているでしょうか。
もし、分かりにくい所や他にもお聞きになりたいこと等ございましたら、お気軽にご相談下さいね。
Posted by 鮎川しおん at 2011年07月05日 10:54
集英社にお願いされたんだろう 本屋でナツイチの目録があったので50部ほど取ってきた
Posted by 熊田曜子 ダウン症 at 2013年07月07日 16:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogramランキング参加中!ポチッとしてね!
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。