2011年04月27日

腰痛は腹筋や背筋を鍛えたら治る?いいえ、下手をすると悪化します

本当に身動きが取れなくなるくらいの腰痛になった方ほど、

お医者さんや世間一般で考えられている腰痛の常識を

疑わざるを得なくなるなるのではないでしょうか。

なぜなら、腰痛に対して有効な対策や治療をなかなかしてもらえず、

ほっときゃ治る的な対応をされるからです。

ちなみに、ほっといても腰痛は治りません。

痛みは消えたように思えても、実際は痛みを感じていないだけで、

何もしなければ腰痛の原因は残ったままになります。

わかりやすい例として、

ぎっくり腰はくせになるというのがありますが、

まさにあれは、ぎっくり腰の原因を解決していないので、

ぎっくり腰になるたび、ぎっくり腰の原因が蓄積されて、

ちょっとしたことでもぎっくり腰になるのです。

ぎっくり腰になる原因が増えてくると、感覚が鈍くなってくるので、

鋭い痛みは減って、鈍く重い痛みに変わってきます。

しょっちゅうぎっくり腰になられる方は、

いつも腰回りに鉛か何か巻きつけた様にズーンと

重たい感じがするのではないでしょうか。

腰痛は放って置いても治りませんし、

ましてや、腹筋や背筋をしても

根本的に腰痛を改善することは出来ません。

なぜなら、筋力不足で腰痛になっているわけではないからです。

筋力のあるプロ野球選手だって、腰痛になります。

もし、あなたが「プロ野球選手は体を酷使してるから、特別だ」

と思っていらっしゃるのであれば、

少し考えてみて下さい。

筋力があっても痛みは出ると言う事ですよね?

なぜ、筋力があっても、体を酷使したら腰痛になるのでしょう。

大切なポイントはそこです。

プロ野球選手の腰痛の原因と

私たちの腰痛の発生メカニズムは全く同じです。

野球選手が宇宙人なら話は別ですが

同じ人間なら体の中で同じことがおこって

腰痛をひきおこしています。


では、なぜ腹筋や背筋を鍛えたら腰痛は改善すると思われているのでしょうか。

お医者さんは、腰痛や肩こりに対して、

骨にしか着目しません。

みなさんは、肩こりは骨のせいだと思いますか?

違いますよね?

あきらかに筋肉が張っていたり、硬くなっているのに

ほとんどのお医者さんは、レントゲンを撮って

異常がなければ、「大丈夫です。問題ありません」としか言いません。

痛みや違和感があるのに、それで診断はお終いです。

はたして、触診も何もせずに、

レントゲンだけで全てのことが分かるのでしょうか?

そうです。分かるはずがありません。

そのような人たちが、腰痛を改善するためには運動をしなさいと言っているのです。


もし、このブログをご覧になっているお医者さんで、気分を害された方は、申し訳ございません。

ただ、その無責任な対応で多くの方が絶望感を抱いているのです。

大げさに言っているわけではありません。

本当に腰痛で身動きが取れず、

仕事ができなくなって、このままでは家族を養えなくなると悩んでいらっしゃるかたも

たくさんいらっしゃるのです。

私たちの整体院来てくださる方で、

身動きが取れないくらい腰痛のひどい方は

ほとんどの人が似たような悩みを抱え、

藁にも縋る思いでいらっしゃいます。

このブログを読んで、もし、なにか対応をした方がいいかもしれないと

思われた医療関係者の方は、

ぜひ、「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会」の

ホームページを訪ねてみて下さい。


さて、話がそれてしまいましたが、

腰痛の話に戻ります。

筋トレしていようがなにしていようが、

肩は凝りますよね?

筋肉が隆々としていようが、肩こりの痛みで

腕が上がらなくなる人だっています。

これは、みなさんなんとなく想像出来るのではないでしょうか。

では、

同じようなことが腰に関係のある筋肉でおこっているのだとしたら、どうでしょうか。

なぜ、お医者さんではどうしようもなかった腰痛を、

私たちが改善することが出来るのか。

なんとなくお分かりいただけたのではないでしょうか?



筋筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会
http://www.jmps.jp/

いぎあ☆すてーしょん
http://igia.jp/

いぎあ☆すてーしょん 東京
http://www.igia-tokyo.com/





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197949850

この記事へのトラックバック
blogramランキング参加中!ポチッとしてね!
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。